預かり金について

会社に勤めている間は、消費税は支払う側で受け取る側になったことがない人が多いのではないでしょうか。
もし経験があるとしたら経理事務関係の人ではないかと思います。
個人事業主になりますと、今度は消費税を受け取る側になります。
報酬を請求するときに消費税額を請求しなくてはいけません。この時は自分が分かりやすいように消費税額を別途表示した請求書を作成するとよいでしょう。内税にすると計算が面倒になります。

管理が簡単なのは、個人事業主になった時に、仕事用の口座を2つ持つことです。
1つは報酬の入金や経費などの出金など、入出金が分かるものです。
もう1つは税金や消費税額をためておくものです。これをしておかないと、うっかり所得として使用してしまうことがありますので注意が必要です。
税金額は利益に比例しますので、利益が上がれば上がるほど納税額も上がると考えておいて間違いがありません。

ですが出来れば税金の支払は抑えたい、と思うものです。節税をするにはどのような方法があるのでしょうか。
実はコンピューターを購入したり、インターネット回線の費用なども経費になります。仕事をする上で必要不可欠なものは経費として認められるのです。

そこでいかに節税をするかというと、購入する設備にはそれぞれ減価償却というものが定められています。資産価値として認められるのは何年、と物によって決められているのです。その期間、その機器などを分割で購入すると節税に繋がります。
安いものや減価償却の対象にならないものは一括で購入しても問題ありません。
減価償却の対象のものですから、機器を入れ替える時はその時期を見計らって入れ替えると、常に経費はかかった状態になります。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.